動脈硬化予防と治療は食事と運動をベースに

動脈硬化の治療としてまずは普段の生活を規則正しく変えていくことが大事であり、病院のお薬だけに頼ることなく、生活習慣を正すことからスタートです。
危険因子を普段の運動や食事を切り替えることで除去していくことこそが、動脈硬化を招かない予防にもなりますし、最高の治療のベースになります。
健やかで柔軟な血管を保ち血液をサラサラに流すようにするには、体を動かす必要がありますので、定期的な運動習慣を身に着けることです。
アスリートのようなハードなトレーニングではなく、毎日継続できるような無理のない運動習慣が理想なので、歩くことは無理なくできます。
軽いジョギングをしたり、ウォーキングをすることで、だんだんと中瀬尾脂肪も減少をしますし、体内では善玉コレステロールも増えるので、最適な動脈硬化予防です。
コレステロールや高血圧など、成果る習慣病にかかわる治療薬を、病院での薬物療法では行います。
食事に関してはバターや肉類に卵など、動脈硬化の発症や進行をスピードアップさせる動物性脂肪を、過剰に食べるのは控えることです。