良質な肉のたんぱく質はヘルシーな調理で食卓に

医療機関での食事指導の中で肉類については、それぞれの病院の方針などもありので、あまり食べないほうが良いという場合もあれば、肉は率先して食べるべきという医療機関もあります。
どれが正解と一概には言えませんが、肉類は良質な動物性たんぱく質であることには変わりなく、ヘルシーな食べ方で健康のサポートとして役立たせることです。
日本人で肉料理が大好きな人は大勢いますし、健康を損ねるからと言って肉類を一切遮断するのは、肉好きには切ない食事になります。
肉類は適度に食べる分には健康を助ける食材ですから、ヘルシーな調理法で肉類を食事に加えることです。
どうしても高カロリーになる揚げ物や炒め物の調理方法ではなく、肉類は蒸したりゆでたり、煮たり焼くなどのシンプルな調理を心がけます。
肉を水炊き鍋にしたりしゃぶしゃぶにしたりゆでて食べるのも良いですし、赤身のステーキのように焼くのも良い方法です。
ローストビーフや蒸し鶏のように蒸す肉料理にしても良いですし、ミネストローネや筑前煮など煮る料理もへすしーにいただくことができます。